あなたが情報発信ブログで、読者の役に立って価値を感じてもらえる記事を書き続けていると、ファンが増えていく中で必ずあなたに質問や疑問を持ちコンタクトを取りたい人が出てきます

そんな時、ブログ内に設置しておきたいのが『お問い合わせフォーム』です。

 

ワードプレスでお問い合わせフォームを設置する場合、プラグインを使っている方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、プラグインをひとつでも減らすために、Googleフォームを使ってのお問い合わせフォーム設置方法を解説していきます。

 

また、読者さんから質問や意見をたくさんもらって、あなたが丁寧に返信してあげることで読者さんとの信頼関係が生まれます

読者さんとの信頼関係構築は、ブログから商品やサービスを購入してもらい収入を得るために必要なことです。

その第一歩として、お問い合わせを設置するというのは重要な要素になります。

 

お問い合わせフォームは読者との信頼関係をつくる

なぜお問い合わせフォームを設置して、読者さんからの声を集める必要があるのでしょうか?

もしかするとあなたは情報発信するのは良いけど、読者さんと直接やりとりまではしたくないけど…と思ってはいませんか?

 

あなたが情報発信ブログをやっているのは、何のためだったか思い出してみて下さい。

そう、副業としてやっていてブログから収入を得るためでしたよね。

 

であれば、ブログの中で何らかの商品やサービスを紹介して、そこを経由してもらって購入してもらわないことにはあなたに報酬は発生しません。

あなたのセールスで、商品やサービスを購入してもらうためにいちばん大事なことが、まずは読者との信頼関係を作ることなのです。

お問い合わせフォームを設置して、読者さんからの声をもらう窓口を作るということは、その信頼関係を作る第一歩になるのです。

 

ワードプレスでプラグインを使わずお問い合わせフォームを設置するには?

ブログには一般的に、記事の最後にコメント欄というものがあります。

お問い合わせフォームを作らなくても、コメント欄に書き込みしてもらえば良いんじゃないの?ってあなたは思うかも知れません。

 

ではちょっと、読者さんが質問や疑問などを抱いたときのことを考えてみましょう。

『コメント欄ってずっとここに公開されたまま?自分の質問が他の人に見られるのって恥ずかしいな…』

実はこんなふうに、質問や疑問などを投げ掛けてくる人って、そんな人が多いのです。

 

ボク自身がそうで、お問い合わせフォームは頻繁に使うけど、やはり質問する内容は他の人に見られたくないものです。

では一体、ブログに設置するお問い合わせフォームはどうやって作れば良いのでしょうか?

 

ワードプレスでお問い合わせフォームをつくるという方法の中で、最もポピュラーなのはプラグインのContact Form 7(コンタクトフォーム7)を使う方法ではないかと思います。

実はボクも長年ブログを運営していく中で、最初はコンタクトフォーム7を使っていました。

 

しかしその後、表示を早くしたいなどSEO対策の一環として、ひとつでもプラグインを減らすことはできないものか?といろいろ考えた時期がありました。

そんな時、Googleフォームを知りそれをブログに貼り付ければ、コンタクトフォーム7を使う必要がなくなる!と思ったのです。

 

他にもコンタクトフォーム7を使っていて、送信できない、エラーになる、なんていう壁にぶつかったことがある人もいるのではないでしょうか?

そんな方にも、Googleフォームはぜひつかっていただきたい無料ツールですね。

 

Googleフォームについては、こちらの記事でも紹介させていただきました。

 

関連記事

よ~し、情報発信ブログで副収入を稼ぐぞ~! でも、まず何から手をつけていいか分からない、そんな方も多いのではないでしょうか?   レンタルサーバーを借りて… 独自ドメインは何にしよう… ワードプレスをイン[…]

 

Googleフォームなら簡単!お問い合わせフォームの作り方

それではこちらのGoogleフォーム公式サイトから、お問い合わせフォームを作ってみましょう。

(Googleフォームを使うには、Googleアカウントが必要になります)

 

新しいフォームを作成から、【空白】をクリックして新規作成していきます。

 

【無題のフォーム】というところがタイトルになりますので、クリックしてここにカーソルをもっていきます。

 

タイトルを入力したら、次に【フォームの説明】の部分をクリックしてカーソルを合わせます。

 

フォームの説明を入力したら、次に【無題の質問】をクリックしてカーソルを移動させます。

 

返信をするために、まず登録してもらうべきなのがメールアドレスです。

ここにメールアドレスと入力すると、Googleフォームの方で自動で認識され、下記のような表示になります。

右下の【必須】をクリックすると、ユーザー側にとっての入力必須項目になります。

 

右側の【+】をクリックすると、次の質問事項を増やしていくことができます。

 

新しく出てきた【質問】のところをクリックします。

 

お名前と入力すると、Googleフォームの方で記述式と認識されました。

続いてもうひとつ項目を増やします。

 

再び【質問】の部分をクリック。

 

最後にお問い合わせ内容を書いてもらう項目を作ります。

お問い合わせ内容と入力すると、ここもGoogleフォームの方で段落式と認識され、長文入力用のスペースが自動で設置されます。

 

追加できる項目は、このようなものがあります。

項目自体を極力少なく、記述より選択してもらう方が楽な場合は、チェックボックスやラジオボタンを設定し、ユーザーの負担を少なくして下さい。

 

画面のいちばん左上の表記がフォーム一覧でのタイトルになるので、ご自身でわかりやすいタイトルを付けましょう。

 

今後作成したフォームが増えると、トップページには一覧が表示されますが、そのタイトルがこれになります。

 

お問い合わせフォームをワードプレスの固定ページに埋め込む方法は?

Googleフォームでお問い合わせフォームが完成したら、次にワードプレスの固定ページへそのコードを貼り付けていきます。

右上の【送信】をクリックします。

 

【<>】のアイコンをクリックします。

 

ここで表示されたHTMLコードを、投稿ではなく固定ページへ貼り付けていきます。

【コピー】をクリックするとコピーされます。

 

固定ページから【新規追加】をクリックします。

 

お問い合わせフォームなどタイトルを付けて、記事URLの末尾もわかりやすい任意の半角英数字に変えます。

 

HTMLを貼り付ける時は必ず、【ビジュアルモード】ではなく【テキストモード】を選んで下さい。

 

GoogleフォームでHTMLを【コピー】をクリックすると、コードが選択されます。

 

貼り付けたいところにカーソルをもっていき、右クリックで貼り付けします。

 

その後、【ビジュアルモード】に戻すと、作成したGoogleフォームが表示されているはずです。

 

固定ページを【公開】します。

 

※固定ページは【公開】するだけではブログに表示されないので、ヘッダーメニューバーやフッターメニュー、ウィジェットによるサイドバー等への設定が必要になります。

 

Googleフォーム側でやっておくべき設定

読者さんが、フォームからお問い合わせを完了した時に表示させるメッセージを、替えておく必要があります。

Googleフォームのページから、右上の歯車のアイコンをクリックします。

 

【プレゼンテーション】タブをクリックしてみると、デフォルトの確認メッセージは『回答を記録しました。』となっています。

質問をくれた方に、このメッセージはおかしいですね。

 

このような感じに書き換えて【保存】しておきましょう。

 

それからもうひとつ、読者さんからの問い合わせを見逃さないためにも、メール通知設定をしておきましょう。

【回答】タブをクリックします。

 

右上の、点のアイコンをクリックします。

 

【新しい回答についてのメール通知を受け取る】をクリックすることで、問い合わせがくるとGメールに通知が来るようになります。

 

GoogleにはGoogleフォームだけでなく、無料で使えるたくさんの便利機能があります。

こちらの記事で紹介していますので、快適なブログライフのためにも、Googleの無料ツールはぜひ使い倒して下さいね。

 

関連記事

よ~し、情報発信ブログで副収入を稼ぐぞ~! でも、まず何から手をつけていいか分からない、そんな方も多いのではないでしょうか?   レンタルサーバーを借りて… 独自ドメインは何にしよう… ワードプレスをイン[…]

 

お問い合わせフォームを設置したら迅速な返信が大事!

さぁ、あなたも今すぐGoogleフォームを使ってブログにお問い合わせフォームを設置しましょう。

また、コンタクトフォーム7など使わなくなったプラグインがあれば、ブログを少しでも軽くするためにそのまま放置せず削除しましょう。

 

お問い合わせフォームからチラホラ質問や意見をもらい始めるということは、読者さんとの信頼関係ができつつあるということです。

お問い合わせフォームから質問や疑問などをいただいたら、なるべく24時間以内には返信することを心掛けましょう。

 

また、回答は事例などを含めてできるだけ分かりやすく、長文の返事を送ってあげましょう。

ボクもよく感じることですが、わかりやすいように長文の質問を送っても、返信の回答は1~2行だけ、なんてことが多々あります。

 

質問を投げかける側は、理解してもらうためにちゃんと考えて質問するし、回答を楽しみにしてドキドキしながら待つものです。

そんな時、回答は1~2行だけ…ではあまりにも寂しいし、読者さんがあなたに対する思いも冷めてしまうかも知れませんからね。

 

関連記事

あなたはご自身の知識や経験をブログで情報発信して、どうやって副収入を得るの?という疑問をお持ちではないでしょうか?   大丈夫です、あなたが発信する内容がユーザーの役に立って価値を感じてもらえたら、アクセスはどんどん増[…]

 

このブログはあなたのお役に立てましたか?

人気ブログランキングとにほんブログ村に参加しております。
下記のボタンをクリックすることで、あなたの清き一票が投票されます。

『人気ブログランキング』公式サイトへ飛びます、よろしくお願い致します。


お小遣い稼ぎランキング

『にほんブログ村』公式サイトへ飛びます、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

ツイッターもやってます…フォローお願いします! @2income_biz
>あなたの『常識』はみんなの『知りたい!』副業で情報発信ブログを運営して収入をGETしよう

あなたの『常識』はみんなの『知りたい!』副業で情報発信ブログを運営して収入をGETしよう

当ブログは最強のWordPressテーマ「THE THOR」を使用しています。
情報発信ブロガーさんやアフィリエイターさんのために開発された、日本一のワードプレステーマです。

CTR IMG